phpenvのインストールでopenssl周りでエラーが出るくらいならphpbrewを使おう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-08-07 2.20.22
ローカル環境でphpの切り替えにphpenv+php-buildをインストールしていたのですが、
しょっちゅうopensslまわりでエラーが出てくることがある。

-----------------
|  BUILD ERROR  |
-----------------

Here are the last 10 lines from the log:

-----------------------------------------
      _load_all_certs_from_file in openssl.o
  "_sk_value", referenced from:
      _zif_openssl_x509_parse in openssl.o
      _zif_openssl_csr_new in openssl.o
      _zif_openssl_pkcs7_verify in openssl.o
      _php_openssl_parse_config in openssl.o
      _php_openssl_sockop_set_option in xp_ssl.o
ld: symbol(s) not found for architecture x86_64
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
make: *** [sapi/fpm/php-fpm] Error 1
-----------------------------------------

こんな感じのエラーが永遠と….

私の場合はrbenvなども入れていたので、そこまでたどり着くまでに早数時間。
正直アプリケーションの開発をしていきたいので環境設定はどうでもいい。
そんな人におすすめなのが、phpbrewです。

てっとりばやくphpbrewをインストール

OSSなので、下記がソースです。
https://github.com/phpbrew/phpbrew

インストール方法もREADMEで結構簡単に書いてありますが、下記コマンド。

curl -L -O https://github.com/phpbrew/phpbrew/raw/master/phpbrew
chmod +x phpbrew

# Move phpbrew to somewhere can be found by your $PATH
sudo mv phpbrew /usr/bin/phpbrew

phpbrew init

ここまでで、ホームディレクトリに.phpbrewフォルダができている。
~/.bashrcか~/.zshrcにパスを通す必要があります。

[[ -e ~/.phpbrew/bashrc ]] && source ~/.phpbrew/bashrc
phpbrew known

でインストール可能なリストが表示されるので、

phpbrew install 5.6.11 +default +mysql +opcache +intl +iconv

ってかんじでオプションつけてインストールすると簡単インストールできる。
インストール先は~/.phpbrew/php/php-5.6.11/bin/phpに出来ている。

phpbrew list

で、インストール済みのバージョンが表示される。

細かいところはREADMEをご参照下さい。
なんて楽な時代になったんだと思うこの頃。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です