ウェブサイトを高速化させるCDNの導入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2014-12-29 11.06.47

みなさんはCDNってご存知でしょうか?

CDN(コンテンツデリバリネットワーク)とは重たいデジタルコンテンツをネットワーク経由で利用する方法になります。

例えばwebサイトでよく利用するjqueryやfontAwesomeなど有名なライブラリはCDNで読み込むことにより、

Webサーバーの負荷軽減やファイル管理の軽減が望めます

 

CDNの利用方法

利用方法は簡単。

通常ダウンロードするファイルをネットワーク経由で指定するだけです。

例えばjqueryの場合下記のような指定で呼び出すだけでOK。

<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.2/jquery.min.js"></script>

 

注意点としては、ネットワーク経由ですので、

ファイルの削除・URLの変更をされると利用しているサイトでも影響をうけてしまうということ。

CDNは、googleも提供していますが有名サイトも合わせてご紹介致します。

 

CDNの利用サイト

Google Hosted Libraries

やっぱりweb大手のgoogleですと安心に利用できるので、オススメです。

https://developers.google.com/speed/libraries/devguide

 

Microsoft Ajax Content Delivery Network

あまり有名ではないですが、MicrosoftもCDNを提供している様です。

http://www.asp.net/ajax/cdn

 

Bootstrap CDN

bootstrap のCDN。結構利用しています。

http://www.bootstrapcdn.com/

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です