PHPでエラーを表示・非表示にする設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちわ。

 

今回はメモ書きです。

PHPでプログラムをしていると、サーバーの環境によっては勝手にエラーが表示されたり、

されなかったりします。

本番環境ではエラーは全て非表示にして、開発環境では警告も含めて全てのエラーを表示し対応すべきです。

そんなときの設定方法。

 

PHPのエラーを全て非表示にする

error_reporting(0);
ini_set('display_errors', 'Off');

.htaccessでは

php_value display_errors Off

としてあげるとOK. サーバーの環境によっては、.htaccessでは設定できないので、しっかりと設定後にphpinfo();などで確認するようにしましょう。

 

PHPのエラーを全て表示する。

error_reporting(-1);
ini_set('display_errors', 'On');

.htaccessでは
php_value display_errors On

としてあげます。

しっかりとエラーチェックして、バグのないプログラムを心がけましょう、

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です