これだけで十分!.htaccessで使用する記述のまとめ[後編]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回.htaccessの設置方法についてお話しましたが、今回はよくある記述をまとめてみました。

正直これ以上はあまり使用しないような気がします。

URLの正規化

http;//www.example.com/とhttp://example.com/は同じページですが、URLがばらばらだとGoogleなどの検索エンジンには別ページ扱いされてしまうことがあります。

ページパワーを集中させるため、SEO対策としてwwwなしでアクセスがあった場合、wwwありのURLに変更させましょう

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} !^test.com$ [NC]
RewriteRule ^(.*)$ http://test.com/$1 [L,R=301]

上記の「test.com」をご使用のドメイン名に変更してください。

外部からの画像アクセスの禁止

外部サイトから勝手に自分のサイトの画像を使用されるのを防ぐことができます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_REFERER} !^http://(.+\.)?test\.com/ [NC]
RewriteCond %{HTTP_REFERER} !^$
RewriteRule ./images/*\.(jpe?g|gif|bmp|png)$ /img/noimage.jpg [L]

独自のエラーページ

404ページなどサーバーのデフォルトではダサいかもしれません。サイトにあったエラーページをデザインできます。

ErrorDocument 400 /errors/400.html  # 要求の形式が正しくありません
ErrorDocument 401 /errors/401.html  # Basic認証などのパスワード認証エラー
ErrorDocument 403 /errors/403.html  # アクセス拒否
ErrorDocument 404 /errors/404.html  # ファイルが見つからない
ErrorDocument 500 /errors/500.html  # CGIエラー

indexファイルの表示を禁止

スラッシュ区切りでアクセスがあった場合、たいてい「index.html」が読み込まれますが、ファイルがない場合、ディレクトリの一覧が表示されてしまいセキュアではありません。
下記はファイルの一覧を表示させない記述です。必ず指定したほうがいいです。

Options -Indexes

その他にも便利な記述があればコメントください(^o^)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です