php4で使えない関数を簡単に使えるようにするライブラリ「upgrade.php」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

php

仕事でさくら、ロリポップ、RapidやGMOなどあらゆるサーバーをさわることの多い私は、
サーバーの違いによって動作しない他社制作のプログラムをよく見ることがあります。

phpの場合、バージョンの違いによって使用できる関数や、できなくなった関数など多数存在するでしょう。
そういったことで、頭を悩ませたくない方にオススメしたいのが今回紹介する「upgrade.php」というライブラリ。

 

phpのバージョンの差異を埋めてくれる便利なプログラム

構造はいたってシンプルです。

upgrade.phpをサーバーにアップし、下記のように読み込むだけ。

include("upgrade.php");

中身は、php4で使用できない関数を「function_exists関数」を使用し、なければ定義しています。

シンプルなクラス保管ライブラリとなります。

大抵はサーバーの移転にともなって、phpのバージョンが異なりシステム修正するコストが大幅にかかるので、

これさえあれば大抵の事例はカバーすることができるかと思います。

サポートされているのは下記のような関数

  •    json_encode
  •    json_decode
  •    http_build_query
  •    html_entity_decode

ほかにも多くの関数が使用できるようになりますので、ぜひご利用ください。

 

upgrade.phpのダウンロードについて

■upgrade.php

http://include-once.org/p/upgradephp/

上記URLの「download」よりダウンロードすることができます。

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です